2007年、Sharon McCooey氏は自身のキャリアにおいて大きな決断をしました。彼女はその決断を「beyond massive」と表現します。多国籍企業と大きく成長する会社の高い地位で数年働いた後、彼女は自身の2歳に満たない2人の子育てに専念するため、キャリアを離れた。
「決断するのには大変な葛藤がありました。ある方がその時に「不景気の時に復帰しない限り大丈夫よ。」と私に言ったのを覚えています。」と現在アイルランドのLinkedInの社長であるMcCooey氏は述べました。
もちろん3年後、彼女の2人目の子どもが学校に行き初めフルタイムの雇用者に戻る準備ができた時、国は大変な不況でした。
それでも自身を止められず、McCooey氏はこれを機に自分が本当にしたい仕事を追いかけることを決断しました。「私はエウレカの時を過ごしました。私を毎朝ベッドから起き上がらせるのは、人との関係、テクノロジーそしてこの2つが合わさる時です。」

彼女は自分の経歴に合うと思った2つの会社にコンタクトを取りました。そのうちの一つがLinkedInでした。2009年11月、彼女はアイルランドで駆け出しの職業ネットワーキングサイトが立ち上がっているという記事を読んだのです。
「その時から私がLinkedInと契約を結び働き始めた2010年5月までずっと、私はインタビューを受けている段階でした。電話を取り、LinkedInを使い、エコノミーの深夜便でアメリカと自国を行き来し、とても長いインタビュープロセスを踏みました。根気がないととても出来ません。アメリカで9回、ロンドンで3か4回の面接を受けました。」
彼女はLinkedInアイルランドの3人目の社員となり、7年間以上もの間1200人の従業員を抱える会社の拡大の先頭に立ってきました。
彼女が入社した時には、グループは世界でたった600人の従業員で、表面的には、職務内容は彼女が本当にやりたいことではありませんでした。「私はこの仕事にポテンシャルを感じました。きっとこれが、私がこの仕事を決めた理由を表現するのに一番ふさわしいと思います。」と彼女は述べました。
彼女の役割とアイルランドでの会社のポテンシャルに対する希望は確かな根拠があるものでした。LinkedInアイルランドは、ダブリン2に85ミリオンユーロをかけて設備の整ったオフィスビルを公式にオープンしました。これはグループのアメリカ国外初で唯一のオフィスビルでした。このことは、会社のアイルランドに対してのさらなるコミットメントを示していました。