マレーシアの家具業界もまた労働力不足の例外ではなく、その大部分の労働者を周りの国から受け入れなければならない状況です。例え限られた期間でも一度ビザが切れると、多くの労働者が国内での居住と労働許可のためのビザ延長を確実に手に入れない限り国外追放となるので、この問題は製造業者にとってチャレンジとなっています。
家具工場での労働者の不足が過去1年以上続いていると業界は指摘していますが、このような状況は、政府が新しい外国人労働者の求人を中止した昨年の春に想像できました。オンラインニュースソースInvestvine.comは、4月下旬に約2万7,000人の労働者の不足を指摘し、その結果この報告の頃には家具の出荷数が2桁減少しました。
この政府の輸入労働者に対する弾圧は、部分的には不法労働者に対する公衆の反発への対応であり、ある情報ソースは不法労働者の数は30%を占めると述べました。残念なことに、これは合法的にビザを取得している他の労働者と、彼らを労働力としている企業にも圧力をかけていると言われています。一貫した労働供給がなければ、彼らは商品を適時に世に出すことができるようにはならないでしょう。
完全雇用であっても、バングラデシュ、ネパール、インド、カンボジアなどの国からの労働者の必要性は、中国系のマレーシア管理下にある工場内でのコミュニケーションの壁という面でチャレンジとなります。多くの工場では、工場内の掲示板を使用した写真や図などの視覚資料を通してこれを克服しています。また、長年の外国人労働者を監督職として昇進させ、彼らに自国の労働者とのトレーニングやコミュニケーションも取ってもらう事も可能にしました。
マレーシアの家具業界にとって幸運なことに、この問題は今年の出荷にはまだ影響していません。例えば2017年の最初の6か月間、マレーシアからの家具の出荷数は3.43億ドルまで上昇し、この数字は昨年の同じ時期の3.22億ドルよりも6%上がっています。
しかし、労働力の不足が続いているという事実により、家具輸入業者はソーシングの調整を行っています。いくつかの業者はベトナムなどの他の国にサンプル作業をすでに移しており、他の業者もすでに生産の移転、あるいは移転を検討しています。
過去を振り返ってみると、マレーシアは今日の労働市場では必ずしも珍しいとは言えない課題に直面しています。多くの若い労働者は、家具工場を含み、工場での作業は不潔でかつ安全ではないと見なしており、その環境で働きたくないと感じています。最近の業界の情報によると、多くのマレーシア人が労働条件や環境の良さからスターバックスやマクドナルドで働く方が良いと思っています。

幸い、政府は家具産業にとって重要で貴重な資源の不足をせき止めるに踏み切りました。それは農園で栽培されたラバーウッドです。この原材料の輸出を禁止することにより、同国は家具産業の内外の現地工場でより多くの供給を可能にしています。
しかし、労働環境への取り組みは、まったく別の課題です。マレーシアの産品供給業者からの懸念に基づき、マレーシアはより一貫した労働政策を必要としています
これがどのように機能するかは、家具産業の成功を左右することになるでしょう。