どのタイプの職場研修が自分のビジネスに適しているのか?を考えてください。

成功している組織の中核は、その中の人々です。その為、計画された人材育成を通して従業員の技術と自信の向上を図ることは企業にとって最も重要な要素と言えます。結果として、刺激を受け活気づいた従業員たちは幅広い分野のビジネスを通して、ポジティブな波及効果をもたらします。

多くの企業がぶつかる問題は、その手段としてどの研修制度が自分たちのビジネスに最も適しているのかということです。柔軟性のあるオンラインコースが合っている従業員もいれば、実践型の研修からより多くの利益を獲得する従業員もいます。さまざまな研修方法の中から、自分のチームに最上の結果をもたらす研修制度を見極めることが重要となります。

社内研修

社内研修は、研修に十分なリソースを持った大企業で採用されることが多く見られます。この研修制度は、従業員の能力開発に不可欠な要素を形成することができます。このタイプの研修では、同僚たちに囲まれ慣れ親しんだ環境で行われるので、スタッフは職場内で学ぶことに専念できます。

研修は経験豊富なスタッフによって行われる場合や、知識が豊富な業界の専門家を外部から呼んで行う場合もあります。後者は貴重な第二次産業の視点を提供するのに対し、前者からは特に、社内部特有の視点を学ぶことができます。

社内研修は出張費用を最低限にし、従来にかかった研修費用を避けることでコストをかなり抑えることができます。同僚たちと共に研修を達成することにより、チームワークの意識を高めることもできます。オンラインコースのような他の研修スタイルでは、これに対してあまり効果を得られないかもしれません。

また、社内で学習の機会を設けることは、従業員が忙しいスケジュールの中で学習しながら仕事に従事し、学んだ情報を保持していくのに最も手軽な手段でもあります。自分のチームに最良の学習体験を提供するために、社内研修の実施には強固な管理体制と新しく関連性のある研修内容へのコミットメントが要求されます。

オンラインクラス

グループ集会とは違い、オンラインコースは自身の家のようなプライベート空間で個々人に合った時間に受講することができます。また、多くの評判の良いプロバイダの中から1対1の指導を受けられることもプラスのポイントにもなります。

現在はとても多くのオンライントレーニングを提供する団体があるので、自身のニッチ事業に強いコースも簡単に見つけられます。まずはその団体のバックグラウンドやコース内容、過去の生徒からのフィードバックを調べるところから始めることをお勧めします。また、スタッフたちにより良い利益を与えるために、そのコースの認証や認定が業界に認められているものかどうかも確認しておくと良いでしょう。

オンラインクラスは主に自己で進めていくことになるため、学習者のやる気を起こさせることが重要となります。しかし、従業員を鼓舞し、自己学習を奨励することに難しさを感じて面と向かっての指導を好む企業も多く見られます。

短期コース

このプログラムは平日の夜遅くや週末などの就労時間外に行われることが多く、計画された課題を通したより少人数のグループ学習に焦点を当てています。

これらのコースの生徒たちは、近いキャリアステージにいる他の生徒たちとのネットワーク構築の機会と同様に、個別のフィードバックや指導を求めています。短期コースという名前から、コース期間は1年もしくは1年未満、3か月程度のものまであります。

長期就労の従業員にとって1つの短期コース自体は十分ではないと感じるかもしれませんが、定期的に受講すれば、やる気の継続と適切なスキルの教育に効果的です。どのコース内でも正しいタイムマネジメントと自己能力開発への専念することを指導されますが、従業員のワークライフバランスを崩さずに学習させることが重要です。

カンファレンス

社内研修の落とし穴は、古い習慣が次世代に継承され、新しい解決策を学ぶよりも既存の問題を存続させてしまうリスクがあることです。カンファレンスでは、幅広い業界の視点やネットワーク構築の機会を提供することによりこの問題を打ち消すことができます。

しかし、カンファレンスは全てのビジネスに適しているわけではありません。海外出張には高いコストがかかり、自身の業界にとってユニークでニッチなイベントは定期的に起こるものではないかもしれません。それぞれのアプローチ法に長所があることは明確なので、どの方法を採用するかの決定はその企業のリソースと従業員個々人にとって何がベストなアプローチ法なのかを分析した結果によるでしょう。

どの研修方法も経済や時間の制約などのコストを伴います。従って、従業員からの率直なフィードバックに耳を傾け、自身の職場構成を理解し、いつでもチームをサポート出来るようにすることが特に重要となります。