リンクドインのチーフが人々を繋ぐために その3

McCooey氏はビジネスを持つ父と看護師の母を持ち、商業と学ぶためにUCD(カリフォルニア大学デービス校)に入学し、さらにコンピュータのコースでも学習しました。そして1988年に卒業しています。彼女は「アイルランドは今日とは全く違う場所でした。私はいまだに不採用通知が詰まったカバンを持っています。」と述べました。
彼女は夜間に会計としてトレーニングを受け、UKの多国籍企業である食品グループ会社のRanks Hovis McDougallに勤めました。彼女は自分が自動化されたプロセスとテクノロジーに引き込まれていくのを感じ続けました。
1993年、テクノロジーは彼女が身を置きたい場所であり、「夢の仕事」をここに見つけ、「頭の中で全てが繋がった。」と彼女は感じました。彼女はアメリカの多国籍企業Informix Softwareで数年働き、EMEAのファイナンスディレクターにまでのぼりつめました。

「私はあの6年の間に多くの出張に行き、多くの時間をアメリカで過ごしました。そして、ビジネスの中で様々な変革のある物事に関して、多くのプロジェクトに手を出しました。私はビジネスの中で起こる劇的な転換が好きです。」
彼女はSiebel Systemsでしばらく勤務した後、ダブリンの小さな会社Zarionに移りました。彼女はこの転職に関して「唯一、一身上の都合で決めた転職」と述べています。この頃に彼女はダブリンの男性Colum Twomey氏(Zendesk勤務)との婚約が決まっていたのです。
そして、彼女はソフトウェア会社であるBusinessObjectsにアイルランドオペレーションのジェネラルマネージャーとして就任し、約200人のスタッフを部下に持ちました。
「私はこれをゼロから立ち上げました。ニューヨーク証券取引所に見積もられた興味深いフランスのテック会社との協同だったので、フランスとアメリカ両方からの影響を受けました。私はとてもこの仕事を楽しんでいました。」
彼女は自身のキャリアを通して、自分を前進させることが重要だと述べました。「私は生涯学習を信じています。学んで発展させるべき新しいスキルが常にあり、変革が起き続けるテクノロジー産業にとってはこの事は大変重要なのです。」
女性がSTEM業界に参入することに関して、彼女は組織文化とよりフォーマルな構造が必要であると感じており、「より良い文化思潮と積極的なプログラムの組み合わせが必要だと思っています。」と述べました。
「私は3年ほど前、現実を知りました。私はたいていどんな時でも20人ほどの部下を持っており、20人の男性を指導していることを再認識しました。LinkedInが私に教えてくれたことの一つは、「20人の男性部下のせいだ」と考えるのではなく、時には自分を見直さなければならないということです。」
「私は、これらの男性たち皆が私からの指導を受けたいと申し出てきたことにも気付きました。だから、いま私は積極的にパフォーマンスの高い女性たちの所へ行き「あなた達を指導したい。なぜなら、私が女性達に尋ねたところ、彼女たちは自分たちが私の所へ指導してほしいと申し出ることができないと思っていなかったからです。これは自信の問題です。」
McCooey氏にとって注目すべき別の問題はBrexitである。それほど大きな影響はないはずだが、「新しいオフィスビルを除いて、人々は私たちの最も重要な財産です。この問題は本当に今後何が起こるかによるでしょう。」と彼女は述べました。
彼女は住宅やインフラのようにこの問題を見ていますが、懸念しすぎることではありません。「私は常に未来を見ています。今日では問題ではないけれど、未来には何が起こるだろうと予測することは常に私のような人が注目しておかなければなりません。」
McCooey 氏は、LinkedInがどのようにビジネスをするのかを説明する際に、しばしば会社の文化について触れます。「私たちは決断のツールとしてLinkedInの文化価値を使います。そうすると、あなたは働くことができ、権限を与えられ、文化価値を理解できるようになります。」と彼女は述べる。
これらの文化価値がどう機能するのかをはっきりと説明することは難しいです。
「それらは壁の上にも額の上にあるわけでもなく、あなたが直感的に理解するようになるものです。一つの例を出してみましょう。それは変化です。LinkedInでは、自身や会社、世界の変化について話し合います。とても高慢に聞こえるかもしれませんが、私たちのビジョンは全てのグローバルワーカー達のための経済的な機会を創り上げることです。」
確かに伝統的なビジネスを行っている人々にとっては少し高慢に聞こえるかもしれないが、実際今日までこの思潮が会社を支えてきました
LinkedInの将来の志をMcCooey氏に尋ねたところ、彼女はこう答えました。「全ては人々を繋げることです。そうして私たちは今日、5億人のメンバーを抱えています。私たちが35億人のグローバルワーカー達について話すとき、再度、そこには繋がりという見方から大きな可能性があると言えます。」

Posted on

リンクドインのチーフが人々を繋ぐために その2

McCooey氏はアイルランドでLinkedInが存続できているのはダブリンチームの努力があってのことだと述べます。「すべては結果を出すことで、結果を出し続ける限り会社は成長していける。」と真面目なモナハンの女性は述べました。
多くの多国籍企業はアイルランドのシステムについて不満を述べていますが、McCooey氏はどんな懸念も払いのけました。「アイルランドの会社の視点から述べると、制限された官僚制の中にいることはとても良いことです。ビジネスをするのに簡単なのです。私たちはEUの一部ですから。」
また、政府は問題が生じたときにそれを修正することをいとわない、と彼女は述べています。「アイルランドには55か国からの才能ある労働者がおり、EUの労働者ではない人々に対してのVISA取得プロセスに関して大きな改善を行ってきました。」
「数年前まではVISAに関して様々な問題がありましたが、人々に対して平等になるために政府は耳を傾け変化を遂げました。」
世界中から多くの人がダブリンのLinkedInオフィスに働きに来ているのは少し驚きでもありました。新しいビルは明るくて風通しがよく、現代的でかつ楽しさも感じます。中央部は風変わりで螺旋階段になっており、理由なしに人々が訪れたくなるようなデザインが施されています。LinkedIn全体の思潮は人との相互関係と、繋がりを作るというところから成り立っていますとMcCooey氏は述べます。
ビルの5回には都市部でトレンドのルーフトップバーのようなカフェとばーがあります。トップクラスの珈琲と同じようにHop House 13やPinot Grigio、他のワインもが提供されています。もちろん、健康的なおやつを提供する「micro kitchens」がビル内のあちこちにある中で、ジムもあります。
このビルは、現在はMicrosoftに所有されているLinkedInのようなテック会社の周りで起こっているめまぐるしい変化を現していると思います。しかし、これは急速に流れるデジタル産業の中に常に参入している新しい挑戦者にとっての競争の場です。例えば、昨年Facebookは「求人」のセクションを新しく始めました。この事は、LinkedInが占領している分野に参入しようとしているように見られました。
McCooey氏は実用的な視点を持っています。「可能性な限り、私たちは自分たちのビジョンを持ち続けます。あなたはあなたが出来ることをコントロールする。私は他の会社がしているようなことはコントロールできません。」と彼女は述べます。
「もしかしたら私たちの競合になるのは、今はまだ発展していない中国のどこかの会社かもしれないし、あなたの会社かもしれない。その会社の名前はまだ分かりませんが、来年の今頃は「この会社がうちの競合だ」と言っている事でしょう。」
彼女のテクノロジーへの興味は、CastleblayneyにあるOur Lady’s Secondary Schoolでかつて彼女のサイエンスの教師であったBrophy氏からの影響でした。
「彼が私にコンピュータを教えました。1985年のことでした。」と彼女は述べます。
「金曜の午後1時、学校で私たちは「一週間の振り返り」のようなものをしました。私たちはスポーツの試合の撮影、それらをコンピュータで編集、画像を使ってトップ10を作成し、その評価を行いました。この作業を通して私はコンピュータに夢中になりました。」

Posted on

リンクドインのチーフが人々を繋ぐために その1

2007年、Sharon McCooey氏は自身のキャリアにおいて大きな決断をしました。彼女はその決断を「beyond massive」と表現します。多国籍企業と大きく成長する会社の高い地位で数年働いた後、彼女は自身の2歳に満たない2人の子育てに専念するため、キャリアを離れた。
「決断するのには大変な葛藤がありました。ある方がその時に「不景気の時に復帰しない限り大丈夫よ。」と私に言ったのを覚えています。」と現在アイルランドのLinkedInの社長であるMcCooey氏は述べました。
もちろん3年後、彼女の2人目の子どもが学校に行き初めフルタイムの雇用者に戻る準備ができた時、国は大変な不況でした。
それでも自身を止められず、McCooey氏はこれを機に自分が本当にしたい仕事を追いかけることを決断しました。「私はエウレカの時を過ごしました。私を毎朝ベッドから起き上がらせるのは、人との関係、テクノロジーそしてこの2つが合わさる時です。」

彼女は自分の経歴に合うと思った2つの会社にコンタクトを取りました。そのうちの一つがLinkedInでした。2009年11月、彼女はアイルランドで駆け出しの職業ネットワーキングサイトが立ち上がっているという記事を読んだのです。
「その時から私がLinkedInと契約を結び働き始めた2010年5月までずっと、私はインタビューを受けている段階でした。電話を取り、LinkedInを使い、エコノミーの深夜便でアメリカと自国を行き来し、とても長いインタビュープロセスを踏みました。根気がないととても出来ません。アメリカで9回、ロンドンで3か4回の面接を受けました。」
彼女はLinkedInアイルランドの3人目の社員となり、7年間以上もの間1200人の従業員を抱える会社の拡大の先頭に立ってきました。
彼女が入社した時には、グループは世界でたった600人の従業員で、表面的には、職務内容は彼女が本当にやりたいことではありませんでした。「私はこの仕事にポテンシャルを感じました。きっとこれが、私がこの仕事を決めた理由を表現するのに一番ふさわしいと思います。」と彼女は述べました。
彼女の役割とアイルランドでの会社のポテンシャルに対する希望は確かな根拠があるものでした。LinkedInアイルランドは、ダブリン2に85ミリオンユーロをかけて設備の整ったオフィスビルを公式にオープンしました。これはグループのアメリカ国外初で唯一のオフィスビルでした。このことは、会社のアイルランドに対してのさらなるコミットメントを示していました。

Posted on