インドで働きたいと思われる会社について

主要なグローバル求人サイトが行ったアンケートの結果によるとGoogle、 Bharat Heavy Electricals、State Bank of Indiaをインドでもっとも働きたい会社トップ3に選出しました。

Indeedは雇用者たちから数十万のレビューを集め、2017年度インドで働きたい会社トップ50を明らかにしました。

Amazonは4位にランクインし、Marriott Internationalが5位、続いて6位 Intel 、7位American Express、8位IBM (8th)、9位Tata Consultancy Services、そして10位がHyattとなりました。

いくつかの国内企業もリストにランクインしています。17位にTata Steel、20位Bharti Airtel 、22位Apollo Hospitals、33位Tata Motors、37位Bharat Electronics Limited、45位Asian Paints、46位Tata Communications、そして47位にReliance Industries。.

Indeedは世界中に渡り1500万以上もの会社レビューを持っており、上記の会社たちは総体的なエンプロイー・エクスペリエンスにおいて最も高い率を示しています。

「会社レビューは求職者がどこに応募するかを決断する際に大きな影響を与える。」 とIndeed Indiaのマネジング・ディレクターSashi Kumarは述べました。

さらに彼は、「報酬と仕事の安全性は常に雇用者のトッププライオリティにあるが、強い社風とコミュニティーの観念もまた重要視され始めている。」と加えました。

全体とカテゴリー別のランキングの基準は、Indeedの訪問者たちがそれぞれの会社のページ上に残したレビューによって定められています。(冒頭とレポートの写真はBusiness Standardのスタッフによって修正されている可能性があります。その他の内容はシンジケートフィードから自動生成されています

Posted on