高齢社会になるアジアはより多くの女性を重要ポストに必要。

高齢社会のアジアは成長と競争力を維持するためにより多くの女性を役員室に置くべきだとトップのリクルートエージェンシーは金曜に述べました。地域の中心部では、トップクラスの仕事の80%が男性によって成り立っていることが分かりました。
リクルート会社 キャリアリンクの最新の性別多様性調査によると、中国、香港、日本、シンガポール、マレーシアの30以上の業界で、男性10人のうち8人が上級職を持っている。
女性の回答者の81%が、性別が原因でキャリア成功への壁に直面していると答えており、半数以上が、企業内で対処が必要なジェンダーの多様性についての問題があると述べています。 調査対象の女性の22%は、男性の回答者の15%と比較して、現在の年功レベルに不満を抱いていました。
マネージング・ディレクターのDean Stallardは次のように述べています。「昇進や雇用、育児や高齢者のケアのような生活の選択に融通を利かせる事などに対するジェンダー偏見への取り組みは、もっと焦点を置かれるべきであり、あらゆる組織に直面する可能性があります。」
「しかし、アジアの人口と労働力の高齢化に伴い、これを考慮した企業は見つけるのがさらに難しくなる就職候補者として利用するために、最大のタレントプールを確保することを保証し、競争社会の利益を得るでしょう。」
5つの市場のから合計967人の回答者が今年の3月から4月の間にオンラインの世論調査とインタビュー受けました。その結果、香港では男性が上級職にに就いている率が最も高い89%、マレーシアは女性リーダーが最多だったが、その数はたった24%であることが分かりました。 両ジェンダーの回答者の大多数が、より良いジェンダーの多様性がビジネス成功に繋がるだろうと答えたにもかかわらずです。
Dean氏は企業に対して、自分たちが男性の成功の方へ偏っていないかどうかを確かめるために、会社のポリシーを採用したりレビューしたりする際には、彼らが持っている「無意識の偏見」を見直して欲しいと促しました。
「経営陣は自分のイメージで雇用することがよく知られており、女性よりもはるかに上回る数の男性をラインマネジメントや上級職に置いています。企業がジェンダーの多様性の利益を享受するためには、よく審議された介入が必要とされます。」
5月の国際通貨基金(IMF)は、アジア経済における高齢者の急速な増加が、人口統計学上の「税」の項目が上がっていくようになると警告した。
過去数十年間で大幅な人口動向を見せた後、アジアの人口増加率は2050年までにゼロになると予測され、現在ピークである就労年齢人口のシェアこれからの10年で減少していくだろうとIMFは述べました。
また、65歳以上の人口シェアは急速に増加し、その数は2050年までに現在の2.5倍に達するだろうとも述べました。

Posted on