東南アジアの将来の展望

米国と欧州が政治的混乱を迎えている一方で、世界経済は実際には回復しているという事実は皮肉にも思えます。国際通貨基金(IMF)は、大恐慌以来の最悪の金融危機からほぼ10年経過し、世界的な景気回復がはっきりと進んでいるというコンセンサスな見方を反映しています。ドナルド・トランプ大統領のせいではなく、おそらく米国も、完全雇用に近づいています。 
しかし、この持続可能な回復の恩恵を最も受けるのは、実際には伝統的な西洋市場における消費者の需要が、現在は中産階級からの急速に加速する需要という成長への2つのエンジンを享受するアジアなのです。
30年前、アジア人口の90%は世界銀行が低所得国として定義した国の人々でした。今日、アジア人の95%が中所得国に住んでいます。 1世代が何億人もの人々を貧困から中産階級に引き上げたのです。
アジア企業の投資家にとって、これは何を意味するのでしょうか?

第一に、アジア経済の歴史は、長期間の景気後退とバブル崩壊によって長期的に展開されたものであるので、何が起こっているのかという本質的な意味を理解し、周期的なサイクルを受け入れる弾力性を持たなければなりません。
第二に、グローバル志向を持っているが特にアジアの文化が強い企業は、現在の世界経済の改善から二倍の利益を得ることになるでしょう。 
第三に、アジアの消費者に重点を置いている企業は特に好調になるでしょう。

アジア経済は通常、インドと中国の2大経済大国によってはさまれています。しばしば見落とされがちなのは、中東地域、600万人の東南アジア、またはASEANです。
インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムの経済成長率は、今後10年間で5%を上回り、北アジアでは3%となる見通しです。東南アジアの全労働力はまだ伸びていますが、北アジアの労働力はすでに縮小しています。
相対的に断片化された市場、言語的、文化的、宗教的な多様性、内陸国と群島国の地理的分散が原因となり、多くの投資家はASEAN企業の投資機会を迂回する傾向があります。 
彼らが気付かないかもしれないのは、これらの理由から、大規模なインド系企業や中国系企業が過大評価され、これらの経済において寡頭政治および不透明なガバナンスは過小評価される可能性が高いということです。
一方、地域的に成功した中小企業は、政府からの支援をほとんど受けていません。したがって、ASEANの中堅会社は非常に競争力があり、リーンでかつアジアの景観で巧みに戦術展開することができます。
東南アジア諸国の経済統合は、ASEAN政府間の協力(むしろ効果的ではない)によらず、自らのビジネス・コミュニティのために急成長したため、ASEANの企業成長の可能性は、より大きい2つの近隣諸国よりも過小評価されています。
しかし、ASEANの中産階級の富と規模が増大している一方で、一つ懸念される分野は、経済学者が中所得トラップと呼ぶものです。
東南アジアを数十年で貧困から富へと引き上げた、輸出主義、労働集約型、天然資源依存型成長の非常に成功したモデルは、世界経済フォーラムがRevolution 4.0と呼ぶもの、または第4次産業革命と呼ばれるものに脅かされることになるでしょう。そして、この破壊的な変化は、遺伝子工学、ロボット工学、人工知能、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーの革命によって特徴づけられるでしょう。コンピュータとインターネットの時代は古代の歴史となります。 

この破壊的な変化の一例:国際労働機関(ILO)は、今後20年間でベトナムの繊維・衣類産業の労働者の85%がロボットに置き換えられると予測しています。それは長い時間のように思えるかもしれませんが、産業全体や国が経済モデルを変革するのに十分に長い期間であるとは限りません。

ASEANのビジネスリーダー達は、例えばインドネシアやベトナムのような大規模な工業化に直面している経済が、非常に安価で生産的なために労働力として置き換えることができる脱工業化ロボットに追い越され、「早期脱工業化」に落ち込む可能性を十分に認識しています。この脱工業化ロボットは、先進国の標準ではまだ安いですが、ロボットの基準から見るとすでに高価で非効率的なものとなっています。 
これを克服するために、ASEAN諸国の経済は消費者にとって新たな「もの」を創出するだけではなく、より新しい生産とマーケティングの方法でも革新する必要があります。 
しかし、それは十分に軌道に乗ってはいません。最近のシンガポールセミナーで、私は有力なタイのビジネスリーダーに、タイの上場企業、そしてアジアで特定の工業製品において最大の生産企業である彼の会社の最も大きな課題に尋ねました。彼は即座に答えました: “イノベーションです。我々は、イノベーションに十分なリソースを費やすことはありませんし、西と比較して、他の誰もしません。」
シンガポールについては、我々は過渡期の経済であり、かなり競争力があり、生産的で洗練された輸出プラットフォームとやや低スキルで低コストの国内経済とのハイブリッドなのです。我々はまた、世界で最もオープンで自由市場の経済の1つであるハイブリッドでありますが、政府支配下の企業によって牽引され、戦略的産業クラスターのために慎重に計画され、実行されるロードマップによって導かれています。
 そして、何年も前に先進国経済と高い労働コストレベルを達成したことで、シンガポール経済の未来は、企業レベルでの絶え間ないイノベーションと国家レベルでの改革に大きく左右されます。 
 戦略的な新しい分野を特定し育成するために50年前に独立して以来、形成された多くの官民共同委員会の最新である将来経済委員会は、そのうち間違いなく勝者を生み出すでしょう。
 文明衰退の数世紀後、アジアは優位に立ちます。それは周期的な資産バブルや経済サイクルの崩壊により長い周期となりますが、この傾向は持続可能で明確なものです。東南アジアは、より大きく同質の近隣諸国によって長く見過ごされており、これらの傾向から偏って恩恵を得るように独特に配置されています。しかし、破壊的な変化が予想外にその上昇を停滞させる可能性があるため、危険性も同じように明白なのです。東南アジアの思想家たちは、挑戦することと同じように、好機が訪れた際にも立ち上がる必要があります。
 

Posted on

リーダーシップは将来の仕事の成功へのカギである

強力なリーダーシップは、ビジネスの混乱が波及すると予想される時期に、企業が古いやり方から脱却し、将来の仕事を受け入れることを可能にするカギとなります、と業界のリーダー達は述べます。
しかし、従業員もまた将来の職務に必要なスキルを習得して向上させるために、専門的な能力開発をしてそれを自分のものとしなければなりません。

はじめに

キャリアリンクの、ユエン氏は、「シンガポール、企業、政府は関連性を保つために、変化を受け入れ、思考、習得、働く方法を変える必要があります。」と述べました。
ギグ経済は、特にミレニアルズに人気を集めている有期契約や短期的な仕事などとともに、人々の働き方をも変えています。
これらの傾向は雇用者と雇用主の両方に大きな影響を与えます。
「短期契約は、企業が正規雇用として確保する価値のある人々を評価する機会を提供します。」と、主要法律事務所パートナーであるケン氏は語ります。
また、臨時の労働力は、需要と供給のコストに基づいて人材資源を拡大するための柔軟性を企業に提供します。
「企業は、特定のプロジェクト、イノベーション、または変化を引き起こすために、ニーズに応じて専門能力にアクセスできることがより効果的です。」とEYのASEAN人材アドバイザリーサービスリーダーであるBoey氏は述べています

ギグ経済で働く者は、自分の時間をより大きくコントロールすることができます。

「派遣労働者は、柔軟性と”何を”、”いつ”、”どこで”彼らが働くのかに関してよりコントロールのしやすさを求めています。「人生のための仕事」と考える人の割合は少ないのです。」とBoey氏は語りました。

将来の労働力

人工知能、ロボット工学、バーチャルリアリティ、物事のインターネット、そして経済プラットフォームを共有することなど、現代ビジネスにおいて多くの側面を混乱させる技術によって、労働者たちはこれまでにないほど職を失うだろう、とオブサーバーは述べています。
しかしユエン氏は、現段階では雇用削減の予測される津波はまだ目に見えないと語りました。
「公然に排除されているよりも多くの雇用が創造され、増強され、部分的に取り替えられています。」とユエン氏は語りました。
それでも、組織が新しいスキルを活用し、将来への準備が整った状態の労働力を育てるために個人を再教育する準備ができているのかどうかは疑問です。
「デロイトの調査から得た1つのデータポイントは、約11%のビジネスリーダーしか未来のために組織を構築できるという自信がないということです。」とYuen氏は述べました。
さらに、「新しいスキルと再教育の需要とともに、学習の未来についても考える必要があります。」と付け加えました。
Tan氏は、破壊的な技術はしばしば、全面的ではなく特定の分野に影響を与え、それでもなお、人の要素が完全に排除されているわけではないと考えています。
「グローバル化に伴い、人々は自国に限定して仕事を見つけることができなくなり、仕事の機会としては良いことになるでしょう。」とTan氏は述べました。
EYは、将来の労働者はビジネスユニット、機能ライン、または地域の周りに構築された従来の階層から遠ざかっているだろうと考えています。
「将来の労働力は、スキル、専門知識、恒久的な雇用、偶発的な労働力が混在するチームのネットワークで組織されるでしょう。」とBoey氏は述べました。

総合的なチームの才能とは、ビジネスの混合と業界の知識、深く機能する専門的技術、データ科学者、特定のビジネスや顧客の問題を解決するために働くデジタル戦略家、技術アーキテクト達です、と彼女は加えました。

未来の仕事で成功すること

将来の仕事を成功させるために、社員たちは自身が組織に提供できる価値を活用する必要があるとオブサーバーは言います。
「日の出や日の入のように産業を考えることから離れ、将来行われる仕事の本質を考える必要があります。」とユエン氏は語りました。
「共感という人間の本質的なスキルや顧客の理解、問題の定義と校正、それをユーザーのために創造的かつ共同的に解決すること、そして影響力のある解決策を作り出すこと、これらのすべてが未来のスキルです。」と彼は加えました。
リーダーは、管理、コミュニケーション、インスピレーション、グローバル、デジタル経済で成功するために新たなリーダーシップ能力を磨く必要があります。
「知的好奇心、360度の思考、文化への好奇心、共感、つながり、適応性は、リーダーがデジタル時代に持ち合わせておかなければならない重要な能力です。」とBoey氏は述べました。
人事や人材育成機能は、指導者と労働者が仕事とスキルのある人々を再定義し、社員が変化を受け入れられるようするのに効果があります。
戦略には、技術とデータを恐れるよりもむしろ従業員がそれを使って働けるように再教育することが含まれる、とBoey博士は述べました。
Tan氏は、雇用主も仕事に必要なプロセスを再考、再定義する必要があると付け加えました。

生涯学習は重要です。

ユエン氏は、シンガポールのビジネスエコシステムでは、人を混乱させたり、変化への恐怖を強めることなく、習慣、ワークフロー、プロセスを変革するためのツールと知識を従業員に持たせる必要があると考えています。
「これには、新しいフレームワークが様々なスキルや経験を通して人々に価値を与え、バックグラウンドを多様にすることの保証によって、プロとアカデミックの両方においてより多くの生涯トレーニングと学習の機会を創り出し、文化の変化を促すことも含まれます。」と述べました。
しかし、個々人も自発的になり、積極的に新しい能力を身につけ、自身を改革する必要があります。

「一方、学生たちは曖昧さや不確実性をより許容することができ、隣接分野の付加的なスキルを習得するのも十分に速いので、私たちは積極的に学習と再学習の能力を彼らに教え込まなければなりません。」とシンガポール経営大学の大学院専門プログラムで准教授を努めているSuwardy氏は述べました。
Suwardy准教授は会計学の学生の例を挙げて、彼らは会計知識を補完するためにデータ分析、法医学、評価、人工知能のスキルを習得すべきだと考えています。
経理のような職業は、新しいスキルを開発し、既存のスキルを更新し続けるように生涯学習の文化が長い間奨励されてきました。
「これは若い専門家が心に留めておかなければなりません。自身の学習に投資しないで、一定の状態を保っているだけでは、後退します。」とSuwardy教授は言います。
さらに、「技術によってもたらされた変化はエキサイティングな時だが、それを受け入れて、推進するために使うことができる人にとってだけである。」と彼は語りました。

このシリーズは、CPA Australiaによってビジネス、財務および会計に関連するトピックに関する知識を共有するために提供されます。

Posted on

ASEAN労働大臣がシンガポールでOSH特別セッションを開催

ASEANの労働大臣は、シンガポールで開催された第21回安全衛生世界会議(外部リンク)と併せて、労働安全衛生(OSH)に関する特別セッションを開催した。

ASEAN閣僚は、持続可能な経済成長のためのOSHの改善に関するASEAN声明の署名とともに、地域の労働者に対するOSH改善へのコミットメントを再確認した。
この声明は、安全規制の見直し、OSHの能力構築、そして協力関係の深化を通してOSHスタンダードを向上させるためのASEAN加盟国の意向を捉えている。
ラオスの労働社会福祉部長官とASEAN労働大臣会合の議長、Khampheng Saysompheng博士はこの声明の中で、「この声明への署名は、すべてのアセアン労働大臣が職場のOSH改善に真剣に取り組むことを明確に示しています。」と述べました。
さらに彼は、「「OSHは労働者の人権です。労働安全衛生を改善することは、労働者の生産性と生活状況を支え、貧困撲滅と社会経済発展に貢献します。」と付け加えました。
一方、ASEAN事務総長Le Luong Minh氏は、「アセアンが創立50周年を迎えた今日、この声明への署名はタイムリーでした。」と述べました。
この声明は、長期的な経済成長を維持する上で重要な仕事に対するASEAN加盟国の理解とコミットメントを反映しており、また、2030年までに持続可能な経済成長目標と2025年のASEANのビジョンを達成するための総体的な解決策を具体的に示しています。
「私たちは職業上のリスクを特定し予防するための技術と革新を模索する必要があると同時に、安全衛生活動の範囲と領域を拡大する必要があります。」と彼は述べました。
マレーシアの人事大臣、Datuk Seri Richard Riot Jaem氏は、本日からマリーナベイ・サンズで4日間に渡り開催される第21回安全衛生世界会議のマレーシア代表団を先導しています。

Posted on