2017年度EU-ASEAN景況感調査

ASEANは世界的により重要視されてきています。

ASEAN域内の欧州ビジネスの主要声であるEU-ASEANビジネス協議会は、2017年のEU-ASEAN景況感調査のリリースを発表しました。この調査は、東南アジアにおける欧州ビジネスの景況感や景気見通しの指標となることを目指しています。
タイとEUの総貿易額は330億ユーロ(約1兆3000億バーツ)に達します。タイは、競争価格の労働力、海外からの労働者雇用の容易さ、ビジネスにやさしい通関手続きの普及、財政構造、ビジネスおよびインフラストラクチャーの管理コストに関して第2位にランクされています。これらのランキングは、2016年に実施された調査から改善されています。
東南アジア各国の欧州企業から300名以上の幹部を対象とした第3回EU-ASEAN景況感調査によると、東南アジアでは引き続き好調な欧州ビジネスの展望が見られ、ASEANの利益は増加すると予想されます。
主な調査結果は次の通りです。
・欧州企業の75%は2017年にASEANの利益が増加すると予想しており、71%はASEANが過去2年間で世界的な収益の点でより重要になったと述べています。
・その結果、94%の欧州企業は、ASEAN域内で現在の事業レベルや人員を拡大または維持する計画です。
・ASEANへの貿易投資水準が今後5年間で上昇すると予想しているのは86%であった。
・この地域の欧州企業は、EUとASEANの関係を強化することを熱望しています。欧州企業の88%は、EUがASEANとの地域間自由貿易協定(FTA)を推進すべきだと考えており、これは2016年の66%を大幅に超えます。さらに、半数以上の55%はEU-ASEAN FTAなしではASEANで不利な立場にあると感じている
・しかし、企業にとっての課題は残っており、ASEANが最大の経済的可能性に達する妨げとなっています。欧州企業の約61%は非関税の障壁がサプライチェーンの効率を阻害していると言います。
調査結果に基づき、EU-ASEANビジネス協議会(EU-ABC)はEUとASEAN間のFTA交渉の加速と、ASEANとの地域間FTAの開始を呼びかけています。 EUとASEANの政府と民間部門とのより頻繁で定期的な交流とASEAN内の経済統合のさらなる進展。

結果について、EU-ABC会長のドナルド・カナック氏は次のように述べています。
「ASEANは、世界経済成長の次なる主要な要因となっています。この調査では、貿易、投資、雇用の増加により欧州企業が引き続きASEANに貢献することが示されています。回答者たちは、欧州地域への投資拡大と貿易障壁、貿易摩擦の削減に関する継続的な協力を可能にするために、地域間のEU-ASEAN FTAを深く包括的に支持しています。」
アンケート調査でASEANのEU大使、H.E.フランシスコ・フォンタン氏は次のように述べています。
「この新しい景況感調査と、ASEANへのEUミッションとの素晴らしいパートナーシップについて、EU-ABCに再度感謝と祝福を表明したいです。これは、経済分野において協会が重ねた努力の背景にあるASEAN域内のEUビジネス界により、強力な支持と積極的関与を得られた結果であります。」

また、EU-ABCのエグゼクティブ・ディレクターであるクリス・ハンフリー氏は調査に対して次のように述べました。
「EU-ASEANビジネス協議会は質の高い包括的な地域間FTAを実現し、EUとASEAN地域間のFTA交渉を加速するために、欧州委員会およびASEAN各国政府と協力することにコミットしています。我々はまた、ASEANとその加盟国との緊密な協力を続け、ASEAN経済共同体のさらなる発展を促進します。」

他の注目すべき調査結果は以下の通りです。
・回答者の約71%は、2016年に調査された66%と比較して、ASEANのさらなる経済統合が地域におけるビジネス成功にとって重要であると述べました。
・Brexitからの貿易投資計画については、貿易および投資計画に影響を与えると答えたのはわずか12%に過ぎませんでした。

Posted on